新着記事

2005年11月29日

”ならでは”の犯罪ですね

インターネットというのは、何でもかんでもできるようなイメージを小生は持ってるけど、今回の犯罪は、小生からすればインターネット”ならでは”の事件だと思う。

ニセ「ヤフー」に虚偽ニュース、元プログラマー逮捕

 国内最大手のインターネットサイト「ヤフー」のニュースサイトをまねたホームページに、共同通信の配信を装った虚偽のニュースが掲載された事件で、警視庁生活経済課と愛宕署は28日、元プログラマーを著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで逮捕した。

 調べによると、容疑者は先月18日、ヤフーのニュースサイトの画面やプログラムを自宅のパソコンにコピーして取り込んだうえで、共同通信が配信したと装った「中国軍が沖縄に侵攻」という虚偽のニュース記事を掲載して、ネットで公開。ヤフーの著作権を侵害した疑い。

 容疑者は、「アメリカ18日共同」というクレジットを虚偽の記事の冒頭に付けて、本物のニュースであるかのように装っていた。

 容疑者は問題が発覚した後の19日午後、「自分がやった。反省している」という電話を共同通信長崎支局にかけるなどしていた。調べに対し、「ネットの世界で有名になりたかった」などと供述しているという。
(読売新聞) - 11月28日12時19分更新
実は、これくらいだったらすぐにできる犯罪なんだよなぁと思いながらニュースを眺めてた。多分ホームページ作成ソフトを使って単純にページをコピーして、記事内容だけを自分で書いたんだろうけど。

小生は、こういったインターネット関連の犯罪に詳しい訳じゃないけど、これからも頻発しそうな類の犯罪じゃないかと思う。だって簡単なんだもん。ホームページ作成の手引書を始めとして、インターネットの活用法のような本や雑誌が多数販売されている昨今、こういった知識を持つ人が増えてるんじゃないかな。その知識やスキルを犯罪に使うかどうかは別として。だからこそ、こういった新しいタイプの犯罪がニュースとして報道されている訳で。

実物のページは小生も見た。ま、普通にやってたら当該ページを見る事なんて通常はできないんだけど。感想は「よくもまぁ、ここまでコピーしたね」って感じ。何でも、偽記事を書いた後はアクセス数が7万件もあったそうで、小生のような人間は他にもいたという事か…ページの構成とかは「ヤフー」と全く同じだから、パッと見は騙されてしまう人がいそう。記事の内容をちゃんと考えれば嘘の記事だってすぐに分かるんだけどね。

今回の犯人の逮捕容疑は著作権法違反という事らしい。もっと他にも罪状があるだろうとも思うけど。一連の経過を見ていると、何だか「他にも同様の犯罪をしている人間は沢山いるけど、取りあえず簡単に逮捕できるやつで見せしめにするか」という印象を拭い去る事ができない。ともあれ、これからはインターネット上の著作権についても考えていかないといけませんね。インターネットには国境もないし。どういった法を適用していくかってもは問題だよね。


「1-man.net」ドメイン取得とサーバーレンタル

ロリポップ!★85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん♪
EGOISM.JP / VIVIAN.JP / RAINDROP.JP / ZOMBIE.JP / MODS.JP ...



★【 Color Me Shop! pro 】ならオールインワン★
高機能テンプレートで即日ショップオーナーに!!

乗換え案内やオリジナルランキングなど+αのサービスがご利用いただける
iモード限定『ぐるなびA会員』!詳しくはここから!


レンタルサーバー乗り換えませんか?
ドメイン取得するならトリップスウェブネットにおまかせください。
サーバー使用料は月額500円から、サービス内容も充実、しかもデーター転送量無制限!

容量300MB、月額125円、高性能なサーバが日本最大級のバックボーンに直結。
さくらのレンタルサーバ











posted by balalaika at 10:03
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。