新着記事

2008年04月04日

インターネットマシン922SH

携帯電話なんですけど、インターネットマシンと銘打った端末が発売されました。ソフトバンクの922SHです。横に開く端末なんですけど、パッと見は小さいノートパソコンに見えてしまいました。

【トレンド】ソフトバンクモバイル、フルキーボード搭載「インターネットマシン 922SH」は3月28日発売
3月28日19時22分配信 nikkei TRENDYnet

 ソフトバンクモバイルは、フルキーボードを備え、PCメールの送受信ができる春商戦向け携帯電話新機種「インターネットマシン SoftBank 922SH」(シャープ製)を2008年3月28日に発売する。価格はオープン。

 横開き折りたたみ式の本体を開くと、3.5インチワイドVGA(480×854ドット)液晶ディスプレイと、パソコンと同配列のQWERTY配列フルキーボードが現れる。Webページのスクロールや画面の拡大・縮小がワンタッチでできる専用キーも搭載。液晶は「NEWモバイルASV液晶」を採用する。

 パソコンのメールを送受信できる「PCメール」に対応し、PCサイトブラウザーのページ読み込み容量を拡大したほか、ブログ・ニュースなどの更新情報を確認できる「RSSフィード」の利用も可能。インターネットを快適に楽しめるという。

 また、本体表面に4行表示が可能なサブディスプレイとセンサーキーを備え、折りたたんだ状態で電話の発着信や新着メールの確認が可能。

 本体サイズは56×116×17mm(折りたたみ時)で、重さは132g。ワンセグ機能内蔵。連続通話250分、待受340時間、ワンセグ連続視聴4時間30分。200万画素のCMOSカメラを装備。本体カラーは4色。922SHは孫正義社長自ら企画した。(文/平城奈緒里=Infostand)

最終更新:3月28日19時22分
最初はスマートフォンかと思ったんですけど、ソフトバンクの場合は「X」が付くんですよね。922SHは通常のラインナップになるようです。

ちょっと気になったのがフルキーボードはあってもタッチパネルはないという所。まぁスマートフォンではないので、当たり前なんですけど…

液晶の解像度が高くなっても表示できる領域はあまり差があるように感じないので、特に気にするものではないのかもしれません。

後はボタン配置でしょうか。これ、横長の液晶になるしタッチパネルがないので、方向キーは頻繁に使うようになると思うんです。ちょっと位置が微妙なような気がします…小生だけでしょうか。

まぁマルチタスクにも対応しているし、他にはソフトバンクの各サービスにも対応しているので、ハイエンド機種が欲しいという人にはいい端末なのかもしれません。

それにしても、922SHって売れてますよねぇ。これが継続するかどうかは小生には分かりませんけど。











posted by balalaika at 23:24
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。