新着記事

2008年03月31日

電源が入りません822P

携帯電話で電源が入らない…そんな事が現実に起きているそうです。こういう場合って、連絡が取れなかった時の事を考えると、嫌な汗が出てきてしまいそうです。

「822P」に電源が入らない不具合、預かり修理で対応
3月27日22時31分配信 Impress Watch

 ソフトバンクモバイルは、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の3G端末「822P」に、電源まわりの不具合があることを明らかにした。ソフトバンクショップでの無償の預かり修理となり、店頭販売は27日より一時停止されている。

 明らかにされた不具合は、822Pの電源を切った後に電源を入れようとすると、電源が入らない、もしくは充電できない場合があるというもの。電源が入らなくなった場合、一旦電池パックを取り外し、1分程度待った後に取り付け、10分以上充電すると再度電源が入る場合もある。

 対象となるのは、これまでに販売されたすべての822Pで、対象台数は約1万6,000台。店頭での無償の預かり修理となり、修理期間中は代替機が貸し出される。また、改善品が4月中旬をめどに店頭に用意される予定で、修理ではなく改善品との交換も可能。

 店頭での販売再開時期は、4月中旬以降になる見込み。

最終更新:3月27日22時31分
という事でソフトウェアの更新で対応するかと思いきや、預かり修理となるそうです。

最近、822Pを見ないなぁなんて思っていたら、こういう事でしたか。電源が入らない携帯電話は販売できませんよね。

それにしても、預かり修理というのは、どういう事なんでしょう。いや、分かってるんですよ。

でも、電池の故障(?)くらいで預かり修理というのは、個人的に納得がいきませんという事です。

携帯電話って、細かい不具合くらいは結構あるらしく、ソフトウェアの更新は定期的にした方がいいらしいんです。

まぁ人の作ったものですから不具合くらいはあるでしょう。それが表面に出てこなければ使っている人も文句は言わないでしょうし。

でも、それが致命的なものになった場合、こうやって発表されたりするんですよね。

そう言えば、前にも電池の不具合で異常な発熱があったり膨張したりという事がありましたけど、今回のもそういう可能性があるという事なんでしょうか。それなら話は分かるんですけど。

それにしても、代替機が貸し出されるという事ですけど、電話帳なんかのデータって移し変える時にパソコンに残ってしまうような気がしてならないんですよね。

まぁ穿った見方なので、外れている事を願うばかりですけど。











posted by balalaika at 23:51
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。