新着記事

2008年02月21日

簡単操作のSoftBank 821T

携帯電話は簡単に操作したいという要望は常にあるんじゃないでしょうか。それを実現しようとしたのが、SoftBank 821Tだそうです。確かにキー部分なんかは特徴的です。

簡単操作と使いやすさにこだわった「かんたん携帯 SoftBank 821T」
1月30日17時45分配信 japan.internet.com

ソフトバンクモバイルは、2008年1月28日、簡単操作と使いやすさにこだわった「かんたん携帯 SoftBank 821T」(東芝製)を発表した。発売時期は、2008年3月上旬以降。

821T は、使いやすさを追求し、メニューや電話帳、メール操作時などで大きな文字表示を採用。メインディスプレイの文字以外にも、「でかサブ液晶」とあらゆる表示を大きく見やすく表示する。

また、メニューの文字表現をよりわかりやすい日本語で表現し、電話帳登録や、メール作成は、画面に表示された手順に従うだけで行える。

ボディは手のひらにフィットするように丸みを加え、さらに側面にくぼみを入れることで、持ちやすく開きやすいデザインを採用。押し間違いを防止するために、ボタンには、大きな文字表示の独立キーを採用、テンキーの文字は、数字とひらがなを強調している。

また、不在着信や新着メールがあるときに、ボタンが点滅して通知する「光るお知らせボタン」を搭載。光っているボタンを押すだけの簡単操作で、内容を確認できる。

メニュー操作や文字入力などの基本的な操作を練習しながら学ぶことができる操作練習機能を搭載。操作が正しいかどうかを音で教えてくれるので、楽しみながら操作練習できるほか、基本操作をひとつずつ解説する操作教本「見ながら覚えるケータイ BOOK」が同梱される。

最終更新:1月30日17時45分
大きな文字が使いやすさとどう関係するのかは小生にはサッパリ分かりませんけど、キー部分やら液晶表示やらが見やすいのは事実ですね。

ただ、外見上見やすいのは事実なんですけど、ちょっとデザインがアレなので、自分で使う気になるかどうかは…微妙なところです。

よくある全部入りケータイと違う所は、やっぱり外見に求められる訳でなんですけど、個人的には日本向けのデザインになっているんじゃないかと思ってます。

日本の携帯電話って日本人が多く使うはずなのに、なぜか英語表示ができたりするんですよね。まぁ全く不必要だとは思いませんけど、なくても問題はなさそうな気もします。

それから操作についても、知っている事が前提のメニューなんかも使いにくさを感じる人がいるかもしれません。

分からない時に開くはずのマニュアルだって、なぜか分厚いので開く気にはなれません。というか、小生はここ最近携帯電話のマニュアルを開いた事がないんですよね。

それでも必要最低限は使えてしまうというのが、何とも皮肉な事なんですけど。


まぁさて置き、ちょっと最近の携帯電話は使いにくいと感じている人は、SoftBank 821Tを見てみるのも面白いかもしれません。











posted by balalaika at 21:18
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。