新着記事

2008年02月16日

スリムケータイSoftBank 822P

スリムでフラットな端末なようです、SoftBank 822Pは。個人的には端末の色が面白いんじゃないかと思ったりしてます。それにしてもソフトバンクの端末は色んなデザインがありますね。

GSM 対応、約8.9mm スリムストレート「SoftBank 822P」
1月30日17時25分配信 japan.internet.com

ソフトバンクモバイルは、2008年1月28日、GSM 対応で海外でも使いやすい、約8.9mm のスリムストレートモデル「SoftBank 822P」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)を発表した。発売時期は、2008年2月中旬以降。

822P は、超薄型の約 8.9mm を実現したスリムストレートボディを採用。GSM に対応しており、GSM 圏でもそのまま利用できる。

無駄をそぎ落としたシンプルデザインに、グラデーションカラーをラインアップ。シンプルさを追求したキーデザインや、外観を引き締める「メタル調フレーム」、クリアなキー素材に裏面から印刷を施した「クリアデザイン」などで上質な印象を演出する。

内蔵カメラは、有効画素数200万画素のオートフォーカス対応。パソコン用サイトが閲覧できる「PC サイトブラウザ」や Bluetooth などにも対応する。

最終更新:1月30日17時25分
ポケットやカバンの中にいれてしまうとボタンを勝手に押してしまうんじゃないかという心配は過去のもののようです。

なにせ待受タイマーロックがついてますから。これは2分間放置すると、端末の誤作動を防止するためにロックがかかるというもの。

これならカバンの中に入れておいたとしても、間違ってボタンが押されて誤作動してしまった…なんて事も少なくなるでしょう。

端末を操作しようとする度に、このロックを解除しないといけなさそうなのは不便なような気もしますけど。

個人的には端末のカラーが単純な一色ではなくてグラデーションな所が面白いと思ってます。

これまでの端末って一色かツートンカラーか…みたいな所があったので、こういう配色もアリかなと。

色ってどうやって付けるんでしょうね。一色だけのものとは違った色の付け方が必要になってくると思うんですけど。

デザイン関連では端末に凹凸がないというのも珍しいんじゃないかと。docomoのN905iなんかは、わざと端末に凹凸を付けてますし。

という事で、ちょっと他と違った質感の端末を持ってみたいという人には面白い端末なんじゃないかと思ったり思わなかったり。











posted by balalaika at 00:03
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。