新着記事

2008年01月29日

日本は金属の宝庫?

よく日本には希少金属がないとか、資源獲得競争云々なんて言われたりしていますけど、実は希少金属は世界で一番ある国かもしれないらしいんです。

日本は金属資源大国?=PCなどの「埋蔵量」初推計−金は南アしのぐ・物材機構
1月12日11時30分配信 時事通信

 携帯電話やパソコンの部品などに使われている金などの希少金属の総量を合計すると、日本国内の「埋蔵量」は、世界有数の資源国に匹敵する規模になることが、独立行政法人物質・材料研究機構(茨城県つくば市)の研究で分かった。中国の経済発展などを背景に、希少金属の争奪戦が激化しているが、「都市鉱山」と呼ばれるこうした希少金属を有効にリサイクルできるシステムの構築が急務になりそうだ。
 同機構の原田幸明材料ラボ長は、輸出入の統計などから原材料や部品の形で輸入され、製品に使われる20種類の希少金属の量を推計。そこから、製品輸出の形で国外に出た分を差し引き、製品や使用済み廃棄物の形で国内に蓄積されている希少金属の量を元素ごとに算出した。
 その結果、日本国内に存在すると推定される金の量は約6800トンで、南アフリカの天然埋蔵量約6000トンを上回り世界最大。銀も約60000トン、ディスプレーや太陽電池に使われるインジウムが約1700トンなど、「埋蔵量」が世界最大に相当する元素が4種類あったほか、銅やプラチナなど世界3位以内に入る元素もあった。 

最終更新:1月12日11時30分
まぁ世界一の金属大国と言うには大袈裟なような気もしますけど、確かに希少金属の所有量は多そうです。

これってパソコンやら携帯電話やらの機器だったり、液晶に代表されるようなテレビなんかの普及が大きいような気がします。

携帯電話やパソコンは年に2回くらいは新商品が出ますし、テレビだって節目節目で新しいものが出ます。

他にも電子機器に囲まれて生活している日本人が気付かないだけで、色々と”埋蔵”されているものは多そうですね。

個人的にはリサイクルするシステムの構築よりも、それらが国外へ流出しないようにするシステムを構築するのが先のような気がしてます。











posted by balalaika at 23:10
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。