新着記事

2008年01月18日

EZ安心アクセスサービス

EZ安心アクセスサービスの接続先限定コースが原則適用になるそうです。勿論、未成年が携帯電話を持つ場合ですけど。ちょっと危険なような気もしますけど、個人的にはいい試みなんじゃないかと。

au携帯、未成年者に「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」を原則適用へ
1月15日15時35分配信 +D Mobile

 KDDIは1月15日、未成年者がau携帯電話でインターネットをより安心・安全に利用できるようにするためのフィルタリングサービス「EZ安心アクセスサービス」の普及促進策を発表した。

 現在提供しているEZ安心アクセスサービスは、EZwebから一般サイトへのアクセスを一律規制するフィルタリングサービスで、利用料は無料。本人か親権者からの申し込みにより、簡単に利用の申し込みができる。一方解除はauショップでのみ受け付け、20歳未満のユーザーがEZ安心アクセスサービスを解除する場合は親権者の同意が必要になる。

 今回の普及促進策では、EZ安心アクセスサービスを、「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」という名称に変更し、18歳未満のユーザーに原則適用する。また、新たにネットスターが提供するURLデータベース(ブラックリスト)のうち、特定のカテゴリに属するサイトへのアクセスを制限する「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」を設ける。

●EZ安心アクセスサービス 接続先限定コースは18歳未満に原則適用

 まず2月1日から、未成年の新規契約者に対して、契約申し込み時にEZwebを契約する場合、親権者にこのEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースの利用意向を確認する。この際、“サービスを利用しない”という意思表示がない限り、EZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを適用する。また、3月からは成人名義の契約であっても、利用者が18歳未満であると申し出た場合は、利用しないと意思表示しない限りEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを適用する。

 すでに契約中で、EZ安心アクセスサービスを利用していない18歳未満のユーザーに対しては、2月から請求書同封物やダイレクトメール、Eメールなどで告知を行い、EZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを利用するための意思確認を行う予定。一定期間内に“利用しない”との意思表示がない限り、意思確認期間終了時(6月以降順次の予定)にEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを適用する。成人名義の契約者に対しても、注意喚起を行い、利用者が18歳未満であると確認された場合は意思表示がない限りEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを適用する。


 このフィルタリングサービスを適用後、閲覧不可能になるサイトに契約している場合は、自動的に解約になる。

 また接続先限定コースでアクセスが可能なサイトであっても、新設する「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」でアクセスが制限されるサイトは、4月中旬以降閲覧できなくする計画だ。特定カテゴリ制限コースで制限されるサイトに登録している場合は、ユーザー自身で解約をする必要がある。

●ブラックリスト方式の「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」も新設

 3月6日からは、ネットスターが提供するURLデータベースを利用したブラックリスト方式のフィルタリングサービス「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」を新設し、一般サイトへの接続は許可しつつ、特定のURLへのアクセスを制限するサービスも提供する。こちらも利用料は無料。

 特定カテゴリ制限コースで閲覧が制限されるカテゴリは以下のとおり。

1. 不法(違法と思われる行為、違法と思われる薬物、不適切な薬物利用)

2. 主張(軍事・テロ・過激派、武器・兵器、誹謗・中傷、自殺・家出、主張一般)

3. アダルト(性行為、ヌード画像、性風俗、アダルト検索・リンク集)

4. セキュリティ(ハッキング、不正コード配布、公開プロキシ)

5. 出会い(出会い・異性紹介、結婚紹介)

6. ギャンブル(ギャンブル一般)

7. コミュニケーション(ウェブチャット、掲示板、IT掲示板)

8. グロテスク(グロテスク)

9. 成人嗜好(娯楽誌、喫煙、飲酒、アルコール製品、水着・下着・フェチ画像、文章による性的表現、コスプレ)

10. オカルト(オカルト)

 従来のEZ安心アクセスサービスと同様、特定カテゴリ制限コースの申し込みはauお客様センターへの電話やauショップ、My KDDI、EZwebのauお客様サポートなどから行える。契約者が未成年の場合は、親権者からの申し込みも受け付け、未成年の契約者がフィルタリングサービスのコース変更や解除を行う場合は親権者の同意が必要になる。

 これでEZwebのフィルタリングサービスは、

・EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース:アクセスをau公式コンテンツに限定

・EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース:EZweb、PCサイトビューアーで出会い系サイトなど特定カテゴリへのアクセスを制限

・EZweb利用制限:「料金照会」や「Eメール設定」など限られたサイトのみアクセス可能

の3種類が提供されることになる。

 なおKDDIでは、こうしたフィルタリングサービスの拡充などと合わせて、ユーザーが携帯電話やインターネットをより安全・安心に利用できるように開催している「ケータイ教室」の対象を拡大する。従来は小学生向けに開催していたが、今後は中学生や高校生向けのケータイ教室も実施し、KDDIグループの社員なども講師として講義するという。

最終更新:1月15日15時35分
要は有害とされるサイトへのアクセスを制限しましょうという事になります。でも、ちゃっかりauにお金が落ちるようなコースまで用意している所が抜け目ないなぁなんて思ったりします。

情報を制限するという事は、auの都合のいい情報ばかりを携帯電話の画面に表示する事も可能なので、少しばかり危険なような気もします。

でも、上の記事のような内容のコンテンツを制限するという事については、個人的に賛成だったりもします。まぁ分別がついてから興味があれば見ればいいんじゃないかと。

それにしても、ケータイ教室なんて、親の責任で子供に教えないといけないなぁなんて思ってしまうんですけど、どうでしょう。

そもそも、親は子供が心配で携帯電話を持たせるんでしょうけど、子供に持たせるには日本の携帯電話は高性能すぎるんですよね。

docomoの905iシリーズがいい例です。全部入りという事は何でもできるという事。機能を使いこなせる人が持つ分には問題ありませんけど、分かってない人が持つのは危険もあるという事ですよね。

その辺を教えるのも親の責務じゃないかと個人的には思うんですけど、そうは思わない親が多いんですよね。

確かに携帯電話は便利ですけど、それと同時に危険もあるという事を教えてから携帯電話を持たせるようにしてもらいたいなぁなんて思ったり思わなかったり。











posted by balalaika at 23:52
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>au
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。