新着記事

2008年01月11日

有機ELディスプレイの920SC

有機ELディスプレイって視認性に優れているように感じられます。これは個人的な感想も混じってますけど。特に文字ははっきりと視認できます。そんなディスプレイを積んでいるのが920SC。


[新製品]ソフトバンクM、有機ELディスプレイ搭載の「PHOTOS 920SC」を1月12日に発売
1月10日19時36分配信 BCN


 ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は1月10日、有機ELディスプレイを搭載したサムスン電子製端末「PHOTOS SoftBank 920SC」を1月12日に発売すると発表した。

 ディスプレイには高輝度、高コントラスト、高視野角で色再現性に優れた2.4インチQVGA(240×320ドット)の有機ELディスプレーを採用。太陽光の下など明るい場所でもハッキリ見えるため、屋外での撮影やメール確認なども快適に行える。

 光学3倍ズームや顔認識オートフォーカス対応の5メガピクセルカメラを搭載。カメラのストロボにも使用されるキセノンフラッシュを採用し、これまで携帯電話のカメラでは難しかった暗い場所や夜景も豊富な光量できれいに撮影できる。また、手ぶれ補正、赤目防止、接写撮影、パノラマ撮影などの機能も搭載する。このほか、有効30万画素のサブカメラも装備する。

 外部メモリはmicroSDカード。折りたたみ時のサイズは、幅約52×高さ101.5×厚さ18.9mm、重さは約129g。カラーはブラック×レッド、ブラック×ブラック、ホワイト×ターコイズ、ホワイト×ホワイトの4色。

最終更新:1月10日19時36分
PHOTOSと言うだけあって写真に関する機能は充実しているみたいです。

特に大容量化が進んで多くのデータを収納できるようになった端末本体のデータをキーワード検索できる機能なんかは、その最たるもののように感じます。

でも、肝心のディスプレイのサイズは2.4インチQVGA(240×320ドット)なんですよね。これじゃ、折角の写真も大きくは表示できないんじゃないでしょうか。

それに、最近の端末じゃVGAが主流になっているのに、QVGAってのはどうでしょう。有機ELディスプレイなら、それでも十分なのかな。

これまでの液晶ディスプレイと有機ELディスプレイの表現力の差ってのは小生にはよく分からないけど。

それにしても、ソフトバンクの端末って、何か特徴のあるものが多いけど、他の機能を削っている感がするんですよね。

今回の端末だって、目新しいものってのはマルチ検索以外は個人的には見つかりませんでしたし。

むしろ連続待受時間なんかは他の端末に比べて短くなって充電時間は長くなっているような気がするんですけど…











posted by balalaika at 00:20
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。