新着記事

2008年01月11日

価格.com外為/株式会社カカクコム

日本最大級比較サイト「価格.com」が運営している、外国為替保証金取引サービスです!

これからの新しい資産運用方法として、とても注目を集めています!米ドルなどの外国通貨の売買を行います!

「売り」からも「買い」からもスタートできるので、円高局面でも利益を上げることが出来ます!

先今すぐ始めよう!価格.com 外為「価格.com 外為」外国為替取引って何?

日本と海外とで、商品の輸入や輸出を行なう際には、日本の「円」だけでなくその国の通貨が通常必要になります。
日本とアメリカの間であれば、「円」を「ドル」に換えて輸入決済を行ったり、受け取った「ドル」を「円」に換えて輸出決済を行ったりと、お互いの国の通貨での取引をする必要があります。
本来「為替」とは、ある人または地点から、別の人または地点との間でお金のやり取りを行うことを言いますが、これに上記のように複数通貨が絡んだ取引を外国為替、略して「外為」と言います。
交換の比率(通貨レート)は、それぞれの国の経済状況や通貨量・金利差などの要因により、刻々と変化しています。例えば、日本の景気が良くなれば海外からの日本の株式への投資が増えることが予想できます。日本での投資をおこなう為には「円」が必要となるため、「円」の需要が高まります(円高要因)。「円」の需要の低いとき(円安要因)と比べると、「ドル」から「円」に交換するためには、多くの「ドル」が必要となります。逆に「円」から「ドル」に交換すると、多くの「ドル」を得ることができます。


外国為替「保証金」取引とは

「円」が高いときに「ドル」に交換し、「円」が安いときに「ドル」から「円」に交換することで、売買差益を得ることができますが、外国為替取引では、1通貨単位の為替の購入に必要な円の額は決まっています。
もちろん通貨レート(交換の比率)は刻々と変化しているため、一定の額というわけではありませんが、その時の通貨レート以上にはなり得ません。
一方、外国為替保証金取引の場合、取引前に「保証金」を積み立てることで、実際に投資した額以上の通貨を購入できます。
例えば外国為替取引において、「1ドル=100円」の時に10万円の資金で購入できるのは1000ドルであり、「1ドル=101円」の時に円を買い戻したとしても、1000円の利益しか生まれませんが、外国為替保証金取引(価格.com外為の場合)であれば、同じ額の投資(10万円を保証金とする)で1万ドルの運用が可能なため、「1ドル=101円」の時に円を買い戻したならば、1万円の利益が生まれることになります。
(ここでは説明をわかりやすくするため、決済手数料等の金額は含めておりません)

このように保証金の積み立てによって、小さな資産でも大きな運用ができることが「外国為替保証金取引」の魅力です。
※外国為替保証金取引の場合、元本の移動交換を伴わない取引となり、買った通貨は売り戻す(売った通貨は買い戻す)ことを前提に、売買の損益だけを決済する取引となります。



外国為替保証金取引は投資のひとつですので、当然のように利益だけでなく損失が発生する可能性があります。
「保証金」を積み立てての外国為替の運用となりますので、損失が発生した場合は、保証金によって補填されます。
この時、「価格.com外為」では「マージンコール」「ロスカット」という機能によって、損失額が拡大しないように、取引を中断し決済させる機能があり、これらの機能により、お客様の損失を一定の範囲に抑えます。
※為替相場の急激な変動により資産以上の損失が生じる可能性もありますので、予めご了承ください。

リスクの範囲を認識した上で運用できることも魅力のひとつとして、「価格.com外為」で資産運用をはじめてみるのはいかがでしょうか?


詳しくはコチラ











posted by balalaika at 10:00
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。