新着記事

2005年08月24日

今日は何の日?

突然だけど今日は何の日か知ってる?

実は来る9月11日の衆議院総選挙のための小泉首相の全国行脚をしてる訳なんだけど、それが東京に初めて来る日だったのよ。場所は秋葉原駅前。小生は秋葉原をぶらぶらしてたんだけど、

小泉内閣総理大臣来る

っていう宣伝に釣られて街頭演説を聴きに行っちゃったよ。4時から演説が始まるらしいから、早めに場所を取っておこうなんて考えて4時前には会場に到着。…すっげぇ人。目の前に障害物がなくてアリーナ的な場所は報道陣に押さえられてるし、宣伝カーの前には自民党の党員っぽい人が大勢いるし…。どこにどう陣取っても小泉首相を見るには邪魔な障害物が目に入るなぁ。一般市民である小生はどこで聞けと?何て思いながら、宣伝カーになるべく近づいていった。幸い報道陣の前のスペースが何故か空いていて、そこに陣取って小生は小泉首相を待つ事にした。アリーナ的スペースの前が空いているなんて、なんてラッキー。


…そこからが長かった。4時を過ぎても小泉首相は一向に会場に現れる雰囲気はないし、宣伝カーからは「小泉首相は会場に向かっております。もう少しお待ち下さい」という声が繰り返されるばかり。仕舞いには該当選挙区の候補が自分の演説を始めてしまう始末。この時4時20分で、あまり待たせると聴衆がいなくなってしまうのではないかと自民党が危惧したのが見え見え。どうせ候補者も演説するんだし、順番が狂ったと思えばいいかなんて候補者達は考えたのかな。小生は気づかなかったけど、中々の有名人が来てたらしく、候補者や応援演説者が車の上に立っただけで歓声が上がったりもしてた。
う〜ん、携帯電話の電池も残り少ないし、何枚か写真を撮って帰りたいんだけどなぁ。
などど考えながら立候補者の演説を聞いていたら、突然声がした。声がした方ではカメラのフラッシュも見える。
どうした、小泉首相が到着したのか?
と思った瞬間、まさに小泉首相の姿が見えた。もう誰も候補者の演説なんて聞いちゃいない。一瞬にして演説を静聴していた群集が俄かに騒がしくなった。群集に手を振りながら小泉首相は宣伝カーの周りを大きく一周した。その時に近くにいた人達と握手をしながら歩いていた訳なんだけど、この時ばかりは小生も何とか近くで小泉首相の姿を見ようと思って、列の前の方へと進んでいった。

NEC_0156.JPG
群集に取り囲まれる小泉首相。このあと周りの人に握手したりした


生憎と直に握手をするといった事はできなかったけど、何とかすぐ側で演説を聞く場所だけは確保できた。挨拶周りらしき事を一通り済ませると、小泉首相は宣伝カーの中に引っ込んでしまった。車の上では候補者の演説が続いている。聞いてる人がどれほどいたかは甚だ疑問だけど…因みに、この時4時30分。小泉首相は会場に30分押しで到着した事になるね。
さぁて小泉首相はいつ出てくるんだ?
と思ったら、中々小泉首相は出てこない。候補者の演説も終わらない。
早く〜早く〜携帯の電池がもたないよ。
小生が一人で焦っていたら、小泉首相が宣伝カーの上に出てきた。周りから歓声が上がり、それに答えるように小泉首相は候補者からマイクを受け取る。そしてマイクを受け取るや否や、小泉首相の演説が始まった。テレビで話している時よりも声を荒げて郵政民営化を訴えてた。以下、その内容を小生が記憶してる限りで列挙します。全部書くと長くなりすぎるもんで。

・郵便局の局員は全国で38万人いる
 →全国の警察官・陸海空の自衛隊よりも多い
・郵便事業は国家公務員でないと無理という主張は嘘
 →高校生や大学生をアルバイトとして雇ってるじゃないか
・郵便局が郵政三事業しかしないのは勿体無い
 →民営化できれば様々な事業展開が可能で収益が上がる
・郵政民営化すれば、これまで優遇されていた税制措置がなくなり税収が上がる
 →民間企業と同じ立場に郵政が立つだけ、他は変わらない
・新しい技術は民間から生まれてきた
 →国家公務員のままでは既得権に囚われてしまうだけ
・この選挙は郵政民営化に賛成か反対かを国民が選ぶ選挙だ

NEC_0160.JPG
演説する小泉首相。上に挙げた論点について熱く語った。

とまぁこんな所でしょうか。他にも論点が幾つかあったけど、主なものはこれくらい。テレビじゃ絶対に聞けない演説を聞く事ができて小生はラッキーだったと感じました。

結局、小泉首相は40分くらい演説をしたかな。小泉首相が演説を終えると同時に秋葉原の駅に向かう集団ができたのには笑ったね。やっぱり演説を聞きたい相手は小泉首相だけだったと。そりゃそうか。だって小泉首相はその辺の芸能人が登場するよりもインパクトがあるからね。それに演説を聞いていて小生も感じたんだけど、小泉首相には人を引き付ける力のようなものがある。他の候補者も有名な人みたいで拍手も起こったりしてたけど、歓声が上がって握手まで求められたのは小泉首相だけだったし。
やっぱり普通の国会議員と首相になった国会議員の違いってのがあるのかなぁと思ったりしたね。

小泉首相の演説が終了して、宣伝カーの片付けが始まったので小生も帰るために秋葉原の駅へ向かう。電気街口は見るからに混雑してそうだから秋葉原デパートの中の改札から駅に入る。そして演説が行われた広場を見てみたら、見事に撤収が終了していて演説の余韻も何もキレイさっぱりなくなってた。行動が早いなぁ。

かなり多くの人が演説を聞いていた事から考えると、今回の衆議院総選挙はかなり国民の関心が高そう。郵政以外にも問題が山積してる日本だけど、この選挙を通して政治に関心を持つ人が多くなって、政治が国民の為に行われるようになるといいなと思ったね。この記事を読んでくれた人はどうでしょう?選挙に行かないという人も、街頭演説を見かけたら少し足を止めてそれぞれの主張に耳を傾けてみては。


今回の写真は携帯電話から撮ったから画像が鮮明じゃないなぁ。小生の携帯が古いせいかも。もし、この写真を使ってはいけないという事であれば、メールを下さい。その場合はできるだけ早く削除します。









posted by balalaika at 19:28
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6200073

郵便
Excerpt: 郵便郵便(ゆうびん)は、はがきや封書などの郵便物や、これを送達する仕組みのことである。一般に通常のはがきや封書など速達以外の特殊取り扱いをしないものは、料金相当分の切手を貼付し、郵便ポストに投函するこ..
Weblog: 郵便辞典
Tracked: 2005-08-24 20:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。