新着記事

2006年12月02日

おとなもいじめが

いじめとは何も子どもだけの問題ではないという事が図らずも証明されてしまいました。まぁ大人の世界にもいじめは存在していたんだろうけど…ちょっと目立つようになってきたという事でしょうか。

<いじめ>「大人」の職場でも深刻 労働相談の2割近くに

 「大人のいじめ」もまん延してます――。日本労働弁護団(宮里邦雄会長)の実施する労働相談で、職場でのいじめに関する相談件数が全体の2割近くを占め続けている。内容も言葉のいじめから直接的な暴力まであり、弁護団は「子どものいじめ自殺が相次ぐ中、『子は親を映す鏡』というが、長時間労働などが職場にギスギスした雰囲気を生み、いじめにつながっているのでは」と分析。「14年間の相談活動の中で経験したことのない異常事態」と指摘している。
 弁護団によると、年間約2000件寄せられる相談のうち、いじめに関する相談の割合は04年に8%で、不払い残業(30%)や解雇(14.9%)などと比べて相談は少なかった。それが05年には17.7%と2倍以上に増加。06年も17.2%と高水準のままだ。これに伴って労災の相談では、従来のけがなどから「うつ病」の相談がほとんどを占めるようになった。
 20代のシステムエンジニアの男性の事例では、システムの完成が進まないことから「再教育」の名目で仕事と関係のない研修を受けさせられ、ひざげりなどの暴力を受けるようになり、うつ病となった。また、経理職だった女性は営業に回された上、けんしょう炎になるまで古い伝票を破る作業を延々とやらされたという。技術の未熟な若者や動きの鈍い人などが狙われるらしい。
 弁護団の棗一郎弁護士は「さまざまな形のいじめがある。法的措置で対抗もできるのでぜひ相談してほしい」と話している。
 弁護団は2日を中心に20都道府県で電話相談「労働トラブル110番」を実施。常設的な相談も行っており、問い合わせは弁護団(03・3251・4472)へ。

(毎日新聞) - 12月2日15時10分更新
下手に断れない分、大人のいじめは質が悪い。断ってしまったら、待っているのは解雇だけだし。

具体例はさて置き、大人のいじめって会社の中で当たり前のように行われたりしてます。昔は一種の通過儀礼のようなものだったんだろうけど、それが度を越してしまったという事なのかも。

ただ、小生は労働環境が精神的な重圧につながってしまって、そのはけ口がいじめという形で出てしまったんじゃないかとも思ってます。

だって自分がいつ解雇されるか分からないような状況でサラリーマンは働いている訳で、それはキツイんじゃないかな。体力的にも精神的にも。

で、いじめってのは弱い立場の人に向けられるようになってる。それはもう太陽が東から昇るのと同じように。

だからこそ上の記事では技術の未熟な若者や動きの鈍い人などが狙われると書いてあるんじゃないかな。

解決するためには法的措置があるって上の記事には書いてあるけど、これって結局は訴訟なんだよね。これで誰が得するのかって…当然のように弁護士。まぁ法曹人口が足りないらしいから、単純に得する訳でもないんだろうけど。

ただ、小生としては法的措置以外にも救済手段があってもいいんじゃないかと思うかな。だってサラリーマンって非常に弱い立場に置かれているし。

税金は取れるだけ絞られて会社ではいじめがあって給料だって上がらない…この救済措置が訴訟だけですか…ちょっとどころか、かなり可哀想。

それに弁護士に相談するのって、普通の人の感覚からすれば、かなり大事になってしまいそうなイメージがあるんじゃないかな。少なくとも小生はそう。それに訴訟だって普通の人は体験しない人の方が多いような気もする。

それに日本人って物事を丸く治めたいという心情が働くだろうから、訴訟のような手段に訴えたくないというのもありそう。

という訳で小生は第3者機関が会社の実態を調査できるような組織なり会社なりを組織するべきだと思ったりしてます。

罰則がないと実効性がなさそうなので、単独で罰則を課せるような権限も与えてはどうでしょう。こういう組織を管理するのも国の役割の1つなんじゃないかな。小さな政府になっても、国民を守るという義務はなくならないはずだし。

やっぱりサラリーマンが相談に来るとか訴えるとかいう事態になる前に解決するのが望ましい訳で、そういう事を国が率先してやってもバチは当たらないでしょう。

それに自分達を守るために税金が使われるんだったら、余計な道路を作ったりするよりも国民は納得すると思うんだけど。年末調整で税金の無駄遣いをするくらいなら、こういう所に使ってもらいたいなぁ。

それにしても上の記事で名前が出ている弁護士の苗字が「棗」ってなってるけど…珍しい苗字ですね。別に意味はないけど。









posted by balalaika at 19:36
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28758540

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。