新着記事

2006年11月30日

いじめ提言に賛否?

いじめが学校からなくなる事はないと思うんだけど…アメとムチ的な提言に対して現場からは賛否両論のようで。個人的にはこういう事を言っていても問題の解決には至らないんじゃないかと思ったりもしてます。

いじめ緊急提言 厳しい教育現場の声 「アメとムチ」

続発するいじめ事件に関し、政府の教育再生会議が29日、緊急提言をまとめた。焦点の一つとして、いじめを放置・助長した教員に懲戒処分を適用することを求めた。一方で、いじめ対策への取り組みを教員評価につなげるよう提言。努力した教員にはアメを与えるとも受け取れる内容だ。現場のいじめ対策にどんな影響があるのか。反応の声もさまざまだ。【荒川基従、高山純二、佐藤敬一】
 東京都内の区立中学校長は「学校の先生がきちんと指導できていないという発想に立ったもので本末転倒な話だ。現場の先生の神経を逆なでし、処分されるとなればますますいじめを隠そうとする」と強く批判する。一方、“アメ”に関しては「何をもって、いじめが減ったか増えたか、取り組みが進んだか進んでないかを評価するのか。現場の実情とはかけ離れた考え方だ。学校はユートピアではなく、けんかもあればいじめもある。特効薬はなく、現場は一つ一つ全力を挙げて対応していくしかない」と憤りを込めて話した。
 一方、別の区内のある小学校長は「いじめ自殺があった学校では、校長らがマスコミを前に謝罪しているが、一過性に過ぎない。現場の教員は『いじめを見逃したら教師生命がない』というくらいの真剣さが必要だ。その意味で懲戒処分を盛り込んだことは評価できると思う」と話す。
 ただ、緊急提言の中にいじめた子への「指導・懲戒」案として、奉仕活動をさせることが掲げられていることに関しては「社会奉仕が有効なんですかね。きれいごと過ぎますよね」と疑問符もつけた。
 提言通りなら、教師の懲戒処分は各地の教育委員会が行うことになる。94年に大河内清輝君いじめ自殺事件があった愛知県。名古屋市教委のある幹部は提言内容を読み「ちょっと厳しいな……」と漏らした。「現場の先生方の苦しさをもう少し理解してほしい。先生だって失敗はあるが、一生懸命仕事をしている。その結果として懲戒処分にされたら、やってられない」と同情的に語った。
 一方、提言に文科省幹部も批判的だ。内容の多くは、すでに同省が各都道府県教委などに指導・助言をしている。ある幹部は「なんで今ごろこんなものを(提言するのか)……。けんかを売られているような感じがする」と批判した。

(毎日新聞) - 11月30日10時3分更新
なんだか役人と現場との温度差ばかりが目立つ記事ですが、これでいじめがなくなったら太陽も西から昇ってくれる事でしょう。

そもそも小生はいじめの原因はないと思ってます。どんな形にしろ、文科省の言うようないじめは存在するんじゃないかと。ただ、それを解決していく方法がないのが問題。

教育再生会議が今回出した提言では現場とはかけ離れた意識が浮き彫り。教師を罰する事で尻を叩けばいじめがなくなるとでも思ってるんですかね。

それから、どこかの校長先生は社会奉仕活動について疑問を投げかけているけど、これヨーロッパとかじゃ当たり前だったりするんだよね。掃除とかボランティアとか。頭突きをしてしまった某サッカー選手も社会奉仕活動してましたし。

これが日本で意味がないというは小生としてはどうかと。日本だって昔は街の掃除というのが罰として存在していた時だってあるんだし、効果がないとは言い切れないんじゃないかな。

さて、いじめがなくなる事はないという前提で話を進めるけど、解決方法はどうなってるんですかね。上の記事にはそういう事が全く書かれてないんですけど。いじめはなくならなくても解決はしないといけないし。

これ、全部現場に裁量権を持たせるという事になるのかな。いじめを自分で解決した経験を持っている教師がどれくらい存在するのか小生は知らないけど、何も解決しないような気がします。

例えば、いじめの原因が何なのかを調べる手段であったり、何なりを学校側が持たないといじめを解決なんてできないと思うんですけど。

それから学校側のみならず家庭やら社会やらの責任はどうなるのかというのも問題じゃないかな。小生としては躾は親の責任だと思っているので、その辺の考慮を踏まえてもいいんじゃないかと思うんですけど。

そう、躾という字が何で「身が美しい」と書くのかという事。この漢字の意味を考えてもらいたい…と思うんだけど、まぁ無理か。こういう事を教えたりする場所ってのが社会だったりするんだけど、都市部じゃ機能停止状態だし、期待もできないかも。

小生は、この関係の修復がいじめの減少には必要不可欠だと思うんだけど、中々難しいのかな。本気で解決に取り組もうとしたら、何十年とかかるかも。1回壊れてしまったものなので、これを修復するのには、長い時間がかかりそう。

ただ小生としては現場の教員の人達の苦労も何となくですが分かる気がする。前にも書いたかもしれないけど、教員採用試験をパスしてきた人達っていじめをした事もされた事もない人がほとんど。

こういう人達っていじめの解決方法を知らない場合が多いんだよね。とすると、いじめが自分の担当学級で発生しても解決方法が分からない。でも何もしない訳にはいかない、何かしたけど的外れだったというサイクルがある意味でできあがっているみたい。

この辺の事情も考えて、いじめを解決するためには具体的に何が必要なのかを提言するのが教育再生会議の役目なんじゃないかと小生は思ったりもするんだけど…今のところ、そういう動きは見られませんね。


関連記事

いじめの基準









posted by balalaika at 14:50
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28596285

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。