新着記事

2006年11月05日

博士たちの就職

大学院を出ると就職できない…これって笑っちゃうような現実。当の本人達には笑えない現実です。ただ企業が博士課程を修了した人達を受け入れる事を避けているのも現実。

就職難の博士たちへ、国立8大学が企業との交流サイト

 国立8大学が、インターネットの“社交場”と言われる「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」のウェブ・サイトを独自に運営することになった。

 就職難の博士たちを支援するためで、近く本格サービスを開始する。

 大学院博士課程修了者(ポスドク)は、「視野が狭い」「柔軟性に欠ける」などの理由で企業から敬遠されがち。東工大の調査では毎年、国内の約1万4000人の修了者のうち、5割程度しか就職できない。

 北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大と東工大の工学部が開設する「大学SNS」は、交流によって“浪人博士”たちの関心の幅を広げ、企業との接点を増やすことを狙う。

(読売新聞) - 11月5日12時49分更新
この記事には書かれていないけど、浪人博士と呼ばれる人達は、主に文系の博士課程を修了した人達。

理系の人達は就職が結構簡単に決まったりします。実は理系は人手不足らしい。文系は…本当に敬遠されているみたい。

実は文系の博士が就職に困るのには理由があったりもします。早い話が博士課程を修了しても”先”がないという事。そう、それまでの研究を続けていく事ができない。

理由はいくらかあると思うけど、1番は”上”が詰まっているという事があるんじゃないかな。各大学には先に研究者になった人達がいて、それ以上の人員は不必要…というか人件費の問題で増やしたくないという本音があるはず。

そういった理由から文系の博士は大学に残ったりする事ができず、企業に就職しようとしているんじゃないかなぁと。

ただ企業は企業で新卒と給与を分けて高くしないといけない博士を好んで雇おうとするかと言われれば、答えはノー。

だって新卒を同じなのに博士課程を修了したというだけで高い賃金が必要な博士を好き好んで雇う理由もない。この辺の理屈は企業にとってしてみれば当然だと思ったりもします。

ただ、だからと言って博士を雇わないのはどうかと。しかも理由が視野が狭くて思考が硬直化しているという事。言い方を変えればこだわりがあるという事になるんじゃないのと小生は思ってしまう。

そして事態打開のために大学がする事ってSNSを独自に運用するという事だけ。これは大学側の怠慢だと小生は感じるんですけど。

要は学生同士のつながりで就職活動を勝手に進めなさいという事でしょ。こんな事をするために大学の就職課があるんじゃないと思うんだけど。

もっと企業に働きかけて求人を取ってくるとか、就職活動に必要な情報を学生に提示するとか、企業を呼んで大学で何かしてもらうとか…色々とやる事はあるんじゃないのかな。

そう言えば、上の記事には東工大の工学部の名前が挙がってるけど、学部で名前が挙がってるのはココだけなんだね。他は大学ごとという事なのかな。

何だか東工大の工学部はやってる事がピンポイントすぎて就職に合った企業がないというのが実情のような気がしないでもないけど。











posted by balalaika at 17:41
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。