新着記事

2006年11月03日

ソフトバンク障害の再発防止へ

ソフトバンクが障害を起こしてからの改善した点を総務省に報告しました。まぁ、これまでの発表通りという所なんだけど。本当に障害が再発しないかどうかは…やってみないと分かりません。

SBモバイルがシステム障害再発防止策…総務省に報告

 顧客情報システムの障害で、携帯電話の契約切り替え業務を2日連続で停止したソフトバンクモバイルの阿多親市(あたしんいち)専務執行役は2日午前、総務省を訪れ、〈1〉トラブル後、システムの処理能力を2倍に高めた〈2〉NTTドコモ、KDDI(au)との間でデータをやりとりするルートを改善した――などの再発防止策を報告した。

 総務省は、3日からの3連休中に携帯電話の契約切り替えが再び増える可能性があるため、連休中は状況を定時報告するよう求めた。

(読売新聞) - 11月2日14時39分更新
この記事にはありませんが、ソフトバンクはナンバーポータビリティ制度を利用するユーザーの処理を優先するそうです。新規のユーザー獲得よりも、これまでの広告で興味を持ったユーザーを取り込んだ方が早いと踏んだのかも。

上の記事から分かる事は、はっきり言って、これまでの発表と何ら変りはないという事。まぁ具体的に…と言われても記事にしないだろうけど。

ただ、これだけの短期間にシステム処理能力を2倍にできるというは、どんな魔法を使ったのでしょうか。小生は気になります。

というか、最初からシステム処理能力を上げておけば障害なんて起こらなかったのに。これは結果論なのかな、それともソフトバンクの見込みが甘かったのかな。

どこかのアンケートでDocomoのユーザー数が年内に6割くらいになるという結果が出てたけど、そのユーザーの大半はauに流れるという事になってた。

という事はソフトバンクのユーザーはあまり増えないのかな。小生だったら、広告からシステム処理能力、そして分かりにくい料金体系にまでケチのついたソフトバンクに変えようとは思わないんだけど。

まぁより安く使えるキャリアをユーザーが自分で選ばないといけない時代になったという事でしょう。ただ自己責任の名の下にユーザーが高い料金を払わせられるという事がないようにしないといけませんね。


関連記事

またソフトバンクの手続き停止

ソフトバンクはトラブルなし

ついに法的措置へ…?

ソフトバンク障害の再発防止へ

ソフトバンクの広告修正

MNPはauの圧勝?

1円値下げ

ソフトバンクの言い訳

2日連続で受付停止

手続できないソフトバンク

ソフトバンクの全機種0円

ソフトバンク同士は通話無料

長く使っていてもソフトバンクへ











posted by balalaika at 00:35
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。