新着記事

2006年11月02日

ソフトバンクの広告修正

ソフトバンクの0円広告が変更になります。まぁDocomoやauからクレームが付いたみたいだし、当然と言えば当然なのかな。ただ0円になるのは例外であって、あくまで通話料はかかるという事を前面に出さなかったのは拙かったのかなと。

SBモバイル、料金広告を一部修正…「0円」小さく

 ソフトバンクモバイルは1日、テレビCMや新聞広告などを見直すことを決めた。

 携帯電話の新料金プランについて「通話0円、メール0円」と強調する内容が、景品表示法に違反する可能性があるとして公正取引委員会が調査を始めたことを受けた措置だ。

 ソフトバンクは、「0円」とした部分の表示を小さくする一方、無料にならない条件を示した説明書きの表示を拡大する。

 早ければ、今週末以降、修正した広告やテレビCMに切り替える。ソフトバンクによると、担当者が31日に公取委に相談に行き、広告やCMについて「無料にならないケースの表示がわかりにくい」との指摘を受けたという。

(読売新聞) - 11月1日14時30分更新
他の記事によれば、通話相手が6割以上ソフトバンクの携帯電話を使っていなければ、料金は高くつくという試算も出てます。

まぁ詐欺とまでは言いませんが、誇大広告であったのは確かだという自覚がソフトバンクにもあったという事でしょう。この辺の対応は早かったような気がする。

ただソフトバンクは、他社の値下げには24時間以内に対応するという発言からも分かる通り、かなりスピードを重視して携帯電話事業をやっていく事になりそう。

こういうのが、ナンバーポータビリティでの失敗に繋がっているんじゃないかと小生は思うんだけど、どうでしょう。

スピード重視よりも腰を据えて運営をお願いしたいもんですけど。困るのはユーザーだし。

ただソフトバンクがスピードを重視した理由も分からないでもなかったりします。ヤフーを運営しているし、インターネットの世界ではスピードが何よりも求められるという事をソフトバンクは身に染みて分かっているはず。

その事を携帯電話でも活かそうと思ったんだろうね、きっと。ただ悪い方に出てしまったというだけで。

まぁ携帯電話に限らず、何でもかんでもスピードが重視されるというのは正しくないと小生は思ったりもするので、これを機にユーザーの立場でサービス展開をしてもらいたいなぁと。

そう言えば、0円広告でソフトバンクにキャリアを変えたユーザーはどう思ってるんだろう。ちょっと気になる。

もしかしたら騙されたと思っている人もいるのかな。何だか新機種発売後2日でそれが旧機種になってしまった某ゲーム機のような事態になってしまったようにも感じる。


関連記事

またソフトバンクの手続き停止

ソフトバンクはトラブルなし

ついに法的措置へ…?

「「ソフトバンク障害の再発防止へ」」

MNPはauの圧勝?

1円値下げ

ソフトバンクの言い訳

2日連続で受付停止

手続できないソフトバンク

ソフトバンクの全機種0円

ソフトバンク同士は通話無料

長く使っていてもソフトバンクへ











posted by balalaika at 15:38
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。