新着記事

2006年11月01日

MNPはauの圧勝?

ナンバーポータビリティ制度がスタートしてから数日が経ったけど、速報値というか、ユーザーがどれだけ移動したかの数値が多少、出始めました。それによれば、auが圧勝との事。

MNPを利用してauに変更したユーザー、6日間で10万件を突破

 KDDIは10月30日、番号ポータビリティ(MNP)を利用して他のキャリアからauに転入したユーザーと、auから他のキャリアに転出したユーザーの速報値を公表した。

 10月24日から29日までの6日間で、番号ポータビリティを利用してauに転入した契約の数は10万1200件と10万件を突破。一方、auから転出した契約の数は2万600件で、MNP利用者はトータルでは8万600件の純増となった。

 10月28日と29日には、ソフトバンクモバイルでシステム処理遅延障害が発生し、ソフトバンクからの転出およびソフトバンクへの転入作業が滞ったが、その影響も含んでの結果となっている。

 なおドコモでは「具体的な数値の公表予定はないが、全体的な傾向としては転入より転出が多い。ただしソフトバンクモバイルについては転出より転入が多い」とコメント。「今後903iシリーズが順次発売されるにつれて、転入が増えていくのではないか」(広報部)との見通しを示した。

(+D Mobile) - 10月30日19時37分更新
トータルで8万件以上の純増となったauが圧勝というのは、当たり前かな。

事前のユーザーアンケートではauにしたいという人が圧倒的に多かったみたいだし。そういう事を踏まえれば、ある程度は予想できた結果なのかも。

そう言えばソフトバンクは数値を出してないけど、転出よりも転入が多いという事らしい。システム障害がなかったら、auと対抗できるくらいには転入が多かったという事を強調したいのかな。

Docomoは転出が多かったという事みたいだけど、これは事前に言われていた事でもあるから、予定調和なのかも。903iシリーズは年末にリリースするという事だし、ナンバーポータビリティ導入直後のユーザーの移動には、あまり意味がないと踏んでいるのかな。

ただ小生はDocomoも意識していなかった訳ではないと思うんだよね。auへの転出が予想されていたからこそ、902iシリーズではauに近いデザインの携帯電話をリリースしたり、デザイン重視の端末をリリースしたりしてきたし。

ただ小生が感じるのは、903iシリーズは、これまでのDocomoのデザインを踏襲するようなものが多いんじゃないかという事。Docomoは機能面で差別化を図ろうとしているような気がします。

上の記事を見る限りではauの1人勝ちという感じがするんだけど、これからどうなっていくんでしょうね。

個人的には新機種が発売されるたびにユーザー数が変動してキャリアは一喜一憂するような状況が出てきそうな気がしてます。


関連記事

またソフトバンクの手続き停止

ソフトバンクはトラブルなし

ついに法的措置へ…?

ソフトバンク障害の再発防止へ

ソフトバンクの広告修正

1円値下げ

ソフトバンクの言い訳

2日連続で受付停止

手続できないソフトバンク

ソフトバンクの全機種0円

ソフトバンク同士は通話無料

長く使っていてもソフトバンクへ

903i
スタミナワンセグ携帯P903iTV

大画面でワンセグをD903iTV

Pも10倍携帯P903iX HIGH-SPEED

Fでも10倍F903iX HIGH-SPEED

BRAVIA+ウォークマン=SO903i

ロック重視のP903i

オーディオ端末SH903i

液晶携帯N903i

FMトランスミッター搭載D903i

Napster付き端末F903i

SH903iTV発表











posted by balalaika at 14:56
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。