新着記事

2006年10月31日

ソフトバンクの言い訳

ナンバーポータビリティ制度導入の初日から躓いたソフトバンクだけど、公式に発表がなされました。何だか最初と言っている事が違うような気がするのは小生だけではないはず。

会社変更を最優先=受け付け停止で謝罪−孫ソフトバンク社長

 ソフトバンクモバイルの孫正義社長は30日、都内で記者会見し、携帯電話の番号継続制に基づく会社変更の契約業務を2日連続で停止したことについて「大変多くのお客様をお待たせし、相手方のNTTドコモとKDDIにもご迷惑をお掛けしたことをおわびする」と謝罪した。その上で、混乱の原因となった顧客情報を扱うシステム障害の再発防止に向け、同システムの処理能力を2倍に増強したほか、当面は会社変更の受け付けを最優先すると説明した。
 経営責任に関しては、トラブルへの対応を進めていたため「まだ十分に議論できていない」と述べるにとどめた。業績への影響では、システム増強で数億円かかるとの見通しを示した。 

(時事通信) - 10月30日21時1分更新
何だか小学生の言い訳にしか聞こえないのは小生だけかな。確かナンバーポータビリティ制度導入の前はリスクやら何やらまで計算したとか言っていたような気がするんですけど。

小生の曖昧な記憶が確かならば、最初にシステム障害が起こった時は「新料金プランが好評で処理能力を超えたため」なんて言っていたような気がする。

それが顧客情報を扱うシステム障害ですか。これ、全然違ってくるよね。単純にソフトバンク側のミスだし。

小生は最初、ソフトバンクが受付を停止したという話を聞いた時は、人気取りのためにわざとやったのかなと思ったりもしてました。だって理由が料金プランが好評でって話だったし。

でも、実際には顧客情報を扱うシステム障害という事。これは人気取りでやった事とは到底思えない。きっと本当に何かしらの重大な障害が起こった事でしょう。

今回の話を聞いて小生が思う事は、やっぱり人気取りのために急に何かやっても成功しないという事くらいかな。

確か予想外割って制度導入の直前に発表されたんだよね。通話がゼロ円とかメールがゼロ円とか…本当はゼロ円にならない場合なんて沢山あるんだけどね。

そう言えば小生も予想外割の広告を見ました。アレって本当に通話やらが無料になるんじゃないかと錯覚してしまう。欄外の例外規定のようなものは字が小さすぎるし。もしかしたら誇大広告なんじゃないかと思ってしまいました。

まぁ準備期間が少なかったという事でしょう。システム増強という話も出ているし、純粋に予想が少なすぎたという事なのかな。

自社のサービスをいいぞいいぞと広告しておいて、いざ導入となったらトラブルを起こす…小生は近くて遠いアノ国を連想してしまうんですけど。

何だかソフトバンクってサービスを打ち出しすぎて自滅しそうな気がするんですけど…本当に大丈夫でしょうかね。ユーザーが迷惑するのだけは勘弁してもらいたい。


関連記事

MNPはauの圧勝?

1円値下げ

2日連続で受付停止

手続できないソフトバンク

ソフトバンクの全機種0円

ソフトバンク同士は通話無料

長く使っていてもソフトバンクへ











posted by balalaika at 00:30
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。