新着記事

2006年10月30日

2日連続で受付停止

ナンバーポータビリティが開始された当日に引き続き2日目もソフトバンクは手続を停止してしまったみたい。何だか狙ってやった事が裏目裏目に出てしまった感じがするんだけど…ソフトバンクは大丈夫なのかな。

<ソフトバンク>携帯加入を再停止 申請殺到し、対応できず

 ソフトバンクモバイルは29日、いったんは再開した携帯電話の加入契約業務を再度停止した。携帯会社を変えても同じ電話番号が使える「番号継続(ポータビリティー)制度」の利用や割安な料金プランへの変更などの申請が殺到し、システムが対応できなかった。番号継続制度が始まって最初の週末となった28日に続いて2日連続でトラブルを起こしたことで、顧客などから反発が強まりそうだ。
 ソフトバンクは28日にも、申請が顧客情報を管理するシステムの処理能力を超えたため、午後5時45分から契約業務を全面的に停止していた。29日は朝から業務を再開したが、この日も申請が多かったため、正午過ぎから番号継続制度による契約手続きを再び停止。ソフトバンクから他社への変更と、他社からソフトバンクへの変更がともにできなくなった。ただ、新規加入と解約などは対応した。
 ソフトバンクは同制度導入を顧客獲得の好機ととらえて、自社加入者同士での通話やメールが原則無料になる新料金プランを26日に導入した。しかしこのプランで顧客を引きつけたが、システム対応は追いつかず、準備不足を露呈した。同社は「システムの能力増強を急いで、番号継続制度に基づく契約業務を早急に再開したい」と説明している。30日の業務については、同日朝に再開するかどうか決める。
 ソフトバンクの契約業務の停止について、NTTドコモとKDDI(au)は29日、システムの早期回復と再発防止を連名で申し入れた。「ソフトバンクは事前の試験で処理能力に問題ないと説明していた。再度のトラブルの発生で、顧客がソフトバンクから自社へ乗り換えることができなくなり不利益を受けている」と話している。

(毎日新聞) - 10月29日21時21分更新
何だか、この記事を読んでいると、ソフトバンクの準備不足が原因で踏んだり蹴ったりという印象を受けるんですけど。

携帯電話会社の中でどういう風に手続なんかを制御しているのかを小生は知らないけど、ソフトバンクがよっぽど間抜けな会社だと感じてしまうんですけど。

実際にはそうじゃないんだろうけどさ。ただボーダフォン時代にあったものをソフトバンクは次々に…というか直前に変えていったから、それに追い付かなかったのかなとは思うけど。

Docomoとauは申し入れをしたという話だけど、他にも総務省も事情聴取だそうで。総務省ってこういう時は仕事するんだよなぁ。

それにしてもユーザーの大半がソフトバンクに乗り換えた訳でもないのに、処理能力を超えたというのが小生には理解できません。だってDocomoもauも問題はない訳だし。

そもそもナンバーポータビリティ制度の導入でユーザーの増加が1番見込まれていたのはauのはず。そのauが問題を起こしてないんだから、ソフトバンクの準備不足が責められても致し方ない事なのかも。

まぁDocomoとauの顧客がソフトバンクから自社へ乗り換えることができなくなり不利益を受けているとの言い分は、ちょっとした嫌がらせなんでしょうね。

関連記事

MNPはauの圧勝?

1円値下げ

ソフトバンクの言い訳

手続できないソフトバンク

ソフトバンクの全機種0円

ソフトバンク同士は通話無料

長く使っていてもソフトバンクへ











posted by balalaika at 10:21
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。