新着記事

2006年10月29日

手続できないソフトバンク

ナンバーポータビリティがスタートしてソフトバンクが人気の様子。なんでも手続が追い付かないので受付を停止してしまったみたい。予想外割に引かれた人が多かったという事なんだろうなぁ。

<携帯電話>ソフトバンクが受け付け停止…申し込み殺到で

 携帯電話会社を変えてもこれまでの電話番号が使える番号継続(ポータビリティー)制度が始まり最初の週末となった28日、ソフトバンクモバイルで、加入や機種変更など携帯電話の契約に関する一切の手続きができなくなった。同社によると、「(ソフトバンク加入者間なら通話やメールが無料になる)新料金プランが好評で、顧客情報を管理するコンピューターシステムの処理能力を超える申し込みが殺到したため」、午後5時45分に受け付けを停止した。
 ソフトバンクによると、番号継続制を利用した同社への乗り換え申し込みが午後から急増。加えて、既存のソフトバンクの顧客が新料金プランに変更する申し込みも集中し、システムが対応できなくなった。このため、自社での受け付けを停止するとともに、KDDI(au)とNTTドコモにも連絡し、ソフトバンクとの乗り換え手続きを止めた。通常は、店頭の営業が終わる午後8〜9時ごろまで受け付けている。インターネットを通じた契約申し込みも取り扱いを停止した。
 29日は通常通り受け付ける予定だが、申し込みが殺到すれば、再び停止する可能性もあるという。

(毎日新聞) - 10月29日0時27分更新
別に予想外割が本当に安いとは限らないんだけど、その辺をしっかりソフトバンクは発表してない気がするんだよねぇ。全機種0円だって、結局は端末の代金を分割で払う仕組みだし、これまでよりも同じ端末を使い続けないといけない期間だって長いし。

ナンバーポータビリティ制度そのものの発表の時もそうだったけど、仕組みをしっかりと説明してくれないなぁと小生は思ったりしてます。もう少し内容を詳しく発表した方がいいんじゃないかと思うんだけど。

だって、ナンバーポータビリティ制度の発表の時って番号がそのままでキャリアの変更が可能という事しか言われてなかったし。

今回のソフトバンクの予想外割の時は他社の年割が適用されるとソフトバンク同士の通話は無料(本当は完全に無料ではない)と全機種0円(本当は代金を支払う)だったかな。これだけだったし。

この中でユーザー側のメリットが大きいのは年割の話だけだと小生は思ってます。他は結局ユーザーが代金を支払う事になるか、その可能性が非常に高い。

ただソフトバンクとしてはユーザーの獲得を最優先しないといけない状況である事も、また確か。多少の無理をしてでもユーザーを獲得しようとした結果なのでしょう。

それにしても受付停止という話を聞いて小生が思ったのは、本当に受付の処理能力はまともに機能していたのかという事。

わざと処理を遅らせて混乱を装えば、今回のように勝手に記事にしてくれてソフトバンクは人気だという事を印象付ける事だってできる訳で。

その可能性を小生は否定できないんじゃないかなと。実際、同じシステムを使っていたはずのボーダフォンでは、こんな話は聞いた事ないし。

それにテレビやら何やらのニュースではソフトバンクにキャリアを変えるという人はさほど多くなかったような気もする。実数としてどれくらいの数のユーザーがソフトバンクに乗り換えたのは知らないけど。

小生としてはソフトバンクとしては、ボーダフォンとは違うという事を強調したいんだろうなぁなんて思ったりもしてます。


関連記事

MNPはauの圧勝?

1円値下げ

ソフトバンクの言い訳

2日連続で受付停止

ソフトバンクの全機種0円

ソフトバンク同士は通話無料

長く使っていてもソフトバンクへ











posted by balalaika at 10:57
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。