新着記事

2006年09月20日

iPodと携帯電話

携帯電話とiPod…どう考えても結びつきそうのないものが、実は結びついてしまうそうです。携帯電話を購入したらiPodが付いてくる…という事らしい。詰まる所、抱き合わせ販売って事だよね。

ボーダフォン iPodと「705SH」をセット販売

 ソフトバンク傘下のボーダフォン(10月1日にソフトバンクモバイルに改称予定)は13日、同社の第3世代携帯電話「705SH」(シャープ製)と、アップルの携帯音楽プレーヤー新機種「iPod nano(2ギガバイトモデル)」をセットにして同日から販売すると発表した。

 価格はオープンだが、ボーダフォンの新たな割引制度「スーパーボーナス」への加入が条件になっている。同制度では端末購入時に1万円のキャッシュバックを受けられるほか、24回の分割払いの月々の支払いが免除されるため、実質的には無料に近い形で、最新iPodを手に入れられることになりそうだ。

 ソフトバンクは、アップルとiPod機能を内蔵した携帯電話開発について検討を進めているもようだが、今回のパッケージ商品の販売を契機に、一気に両者の提携が実現するかについては「ノーコメント」(ボーダフォン広報部)という。

 ソフトバンクは、10月24日に始まる番号を変えずに携帯電話事業者を乗り換えることができる番号ポータビリティ制導入で、NTTドコモ、KDDI(au)にユーザーが大量に流れることを懸念。新割引制度とともに、iPodの抱き合わせ販売という奇策でユーザー数のの確保を図る。

(フジサンケイ ビジネスアイ) - 9月14日8時32分更新
一応、サービス加入が条件という事らしいので、単純な抱き合わせ販売じゃないのかな。

ただ実質的には無料に近いと言っても、携帯電話にしろiPodにしろ、ランニングコストがかかるでしょうに。この辺を上の記事は書いてないよね。

iPodを便利に使おうと思ったら、それなりに投資をしないといけないし。CDを買ったりオンラインで音楽を購入したり。それに携帯電話だって使い続ける事がある意味で前提条件になってるし。

そういう意味では抱き合わせ販売の片方が格安で…なんて事は決してなく、結局は相応の料金を支払わないといけないんだよね。

それにしてもナンバーポータビリティ導入前にボーダフォンというかソフトバンクは奇策を打ってきた感じがするなぁ。10月終わりまでは、こういった奇策のニュースが多くなるのかなぁ。











posted by balalaika at 16:00
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>ボーダフォン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。