新着記事

2009年01月06日

食べられそうなN-03A

デザインで冒険をしないのがdocomoというのは昔の話のような気がします。今度はスイーツが題材の携帯電話だそうです。中身もスイーツ一色にできるそうなので、食べられそうな携帯電話になってしまうかもしれません。

ピエール・エルメ氏監修コラボケータイ「docomo STYLE series N-03A」
11月7日10時13分配信 japan.internet.com

NTT ドコモは、2008年11月5日、2008年冬モデルとして「docomo STYLE series」にラインアップされる「N-03A」(日本電気製)を発表した。発売時期は11月の予定。

N-03A は「ピエール・エルメ氏」監修コラボケータイ。ピエール・エルメ氏は、フランス・アルザスに4世代続くパン菓子職人に生まれ、世界中にファンを持ち、「パティスリー界のピカソ」と称されている。

アプリコットオレンジ、バニラホワイト、マカロンピンク、カシスブルー、ショコラブラウンの5色のカラーバリエーション。待受画像やメニューなど、かわいい「スイーツコンテンツ」も多数収録する。

デコメ絵文字はドコモでは最多となる1,200種類をプリインストール。「バザールでござーる」「天才バカボン」「チェブラーシカ」「FELIX」などおなじみのキャラクターもプリインストールされているので楽しいメールがすぐに作れる。

「ハイパークリアボイス」で賑やかな場所でもしっかり通話が可能で、見やすく押しやすい、大きなキーを採用、「拡大もじ」で画面も見やすい。

そのほか、連続視聴時間約280分の長持ちバッテリー、ワンセグ、WORLD WING(3G+GSM)、FOMA ハイスピード(3.6Mbps)などに対応する。

最終更新:11月7日10時13分
という事で、デザインはベーシックなもののような気がしますけど、色使いなんかが特徴的だと思います。

背面パネルには「マイシグナル」を表示する部分があるそうで、メールの着信等は端末を開く前に分かるようになっているそうです。ただ、この部分は隠れているので、気付くのかどうかというのは小生には分かりませんけど。

他にはデコメールの種類が多いのが特徴でしょうか。この辺は女性がターゲットというのが感じられる部分だと思います。男性でデコメールを作るという話は聞かないですからね。少なくとも小生の周りではそうでした。

ちょっと気になったのが、対応サービスです。N-03AはFOMAハイスピード(下り最大3.6Mbps)、ワンセグ、Music&Videoチャネル、GPS、 WORLD WING(GSM対応)、ハイパークリアトークには対応しているという事です。

新サービスのiコンシェル、iウィジェット、iアプリオンラインは非対応だそうです。正直、今回のdocomoのラインナップだと、iウィジェットが個人的な目玉だと思っていただけに、ここは残念です。

色々と機能を付けなかった(?)メリットとしては、電池の持ちがあるんじゃないかと思います。他の機種(例えばPRIMEシリーズ)だと電池の持ちが悪いという話が必ずと言っていいほど出てくるのに、N-03Aだとそういう話を今の所は聞いてないです。

後、カメラ機能は200万画素だそうなので、デジカメの代わりに携帯電話を使おうと思っている人にとってはカメラ機能がネックになるかもしれません。


関連記事
スイングスライドのP-02A

8色展開のSH-02A

Wオープンスタイル+薄さ=P-03A

背面液晶も大きいF-02A

8メガカメラのSH-03A

薄さのN-02A

防水+タッチパネル=F-01A

クルクルディスプレイのN-01A

8メガCCDカメラのSH-01A

WオープンスタイルのP-01A









posted by balalaika at 10:36
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>Docomo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/112221283
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。