新着記事

2008年12月04日

防水+タッチパネル=F-01A

タッチパネルは最近の流行のようなので分かりますけど、防水を一押しにするのはFの特徴のような気もします。割と便利だとは思うんですけど、これが決め手になるようにも思えなかったりもします。

タッチパネル操作のハイスペック防水ケータイ「docomo PRIME series F-01A」
11月6日17時33分配信 japan.internet.com

NTT ドコモは、2008年11月5日、2008年冬モデルとして「docomo PRIME series」にラインアップされる「F-01A」(富士通製)を発表した。発売は11月19日の予定。

F-01A は、約3.2インチディスプレイを搭載し、浴室やキッチンで使える IPX5/IPX7 の防水に対応。

ビューアスタイルのメニュー画面からワンセグやカメラ、フルブラウザなど各種機能を直感的に起動できるタッチパネルを搭載しており、フルブラウザでは指のスライドに合わせてスクロールできる。

サイドキーを押しながらケータイを傾けるだけで、傾きに応じた速度でスクロールが可能な「モーションスクロール」機能も搭載する。

内蔵カメラは顔検出オートフォーカスに対応した約5.2メガカメラ。タッチ操作に対応し、ピントを合わせたい被写体にタッチするだけで簡単に撮れる「ダイレクトタッチ AF」機能を搭載するほか、ISO1600 の高感度撮影にも対応している。

ワンセグ視聴中もメール閲覧時も、専用キー「サーチキー」をワンタッチすれば「クイック検索ウィンドウ」が起動。調べたい文字を入力し、iモードやフルブラウザ、メールなど対象のアプリケーションを選べば、簡単に検索を行うことが可能で、メールのフリーワード検索までできる。

そのほか、Bluetooth にも対応し、キーバックライトを7色+レインボーの中から好みの色に設定できる「レインボーキーイルミ」機能などを搭載する。

最終更新:11月6日17時33分
個人的にはデザインはいいように思います。これまでのFシリーズと比べると、段違いにいいかと。あくまで個人的な感想ですけど。

それから、レスポンスの速さが好評のようです。docomoはFOMAになってからもっさり感が出てきたように感じますけど、F-01Aはそういったストレスが感じられないみたいです。

常に持ち歩いて使うものだからこそ、レスポンスは大切だと思うんですよ。サクサク動いてくれるだけで携帯電話を使う気になるように感じます。

サイクロイド式のヒンジを採用しているので、ディスプレイ部分をひっくり返しても使えます。その上、専用のメニュー画面を表示してくれたりと、使いやすさは損なわれてないようです。

モーションセンサーを搭載しているので、端末を傾けると自動的にスクロールしてくれるのも面白いです。小生の持っている携帯電話にはない機能なので、本当に便利かどうかは分かりませんけど。

それからデジカメ関係では顔検出機能があるという事なんですけど、他のデジカメ等々では往々にして人の顔以外のものにも反応するという話を聞きました。このF-01Aはどうなんでしょう。

日本語変換機能はATOKを採用しているという事なので、かなり賢いように思います。小生としては、全ての端末で採用してもらいたいくらいです。

新しい機能には全て対応しているので、このシリーズの新しい機能を使いたいという人にはオススメの端末のように感じます。


関連記事
スイングスライドのP-02A

8色展開のSH-02A

Wオープンスタイル+薄さ=P-03A

食べられそうなN-03A

背面液晶も大きいF-02A

8メガカメラのSH-03A

薄さのN-02A

クルクルディスプレイのN-01A

8メガCCDカメラのSH-01A

WオープンスタイルのP-01A









posted by balalaika at 00:45
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>Docomo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/110648868

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。