新着記事

2008年11月23日

WオープンスタイルのP-01A

docomoの携帯電話のカテゴリ(?)が大きく変わってもWオープンスタイルをPは踏襲しているみたいです。ヒンジが逆になってスッキリしたとかなんとか。

パナソニック、ドコモ向け新携帯「P-01A」納入開始〜新ラインアップPRIMEシリーズ
11月13日20時42分配信 RBB TODAY

 パナソニック モバイルコミュニケーションズは13日、NTTドコモへ携帯電話機「docomo PRIME series P-01A」の納入を開始した。

 「P-01A」は、ドコモの新しい秋冬モデルとなる機種で、P905iで採用された縦横に開く「Wオープンスタイル」を蹈襲しつつ、「2WAYキー」を搭載しヨコオープンスタイルでの操作性を向上させたモデルだ。2WAYキーは、ヨコオープン時にはキーの文字が画面と同じ横向きに変わる独自の新機構。これまでできなかったヨコオープン時の文字入力も可能となっており、特にフルブラウザ閲覧時の文字入力やワンセグ視聴中のメール作成など、「VIERAケータイ」ならではのスタイルが追求された。

 画質面では、約3.1インチフルワイドVGA液晶と、「モバイルWコントラストAITM」でコントラスト6000:1を実現し、フレームコントロール処理の採用により約1,600万色の発色を実現、下ヒンジの採用で、正面視がフラットで美しいデザインとなっている。

 内蔵カメラには、最高ISO感度1600の高感度撮影にも対応した約510万画素のカメラを搭載。「0」キーにシャッターを割り当てることでデジカメのような撮影スタイルが実現する。「P-01A」は19日に発売予定となっている。

終更新:11月16日6時5分
という事で、見た目は前の機種と大差ないようにも感じるんですけど、細かい部分で性能がアップしているみたいです。

ヒンジ部分が従来と逆になったので、端末がスッキリ見えるみたいです。ただ、逆ヒンジは個人の好みもあるかと思いますので、無条件にいいとは言い切れない部分もあるかと。個人的にはいいと思うんですけど。

このP-01Aで面白いと思うのは、2WAYキーでしょうか。端末のキーの部分が縦か横かでボタンの表示が変わるというものです。Wオープンスタイルの縦で端末を開くか横で端末を開くかで表示が変わります。

ちょっと見てみると分かるんですけど、ボタンの中の表示がスルっと入れ替わるようなギミックが仕掛けられているみたいです。Wオープンスタイルを採用しているPならではの仕掛けだと感じました。

ワンセグはコントラスト比がアップしたので、かなりシャープな画質になっているんじゃないかと思います。ワンセグ周りは強化されているようで、メールの編集くらいはワンセグを見ながらできたりします。

カメラは5.1メガピクセルなんですけど、これは905iシリーズから変わってないように思います。小生の思い違いでカメラ性能もアップしているかもしれませんけど。

それから、P-01Aはdocomoの新サービスのiコンシェル、iウィジェット、iアプリオンラインにも対応しています。まぁこの辺は当然と言えば当然でしょうか。

個人的には目立った機能がない代わりに、安定したPらしさが出た端末になっているんじゃないかと思ったりしました。


関連記事
スイングスライドのP-02A

8色展開のSH-02A

Wオープンスタイル+薄さ=P-03A

食べられそうなN-03A

背面液晶も大きいF-02A

8メガカメラのSH-03A

薄さのN-02A

防水+タッチパネル=F-01A

8メガCCDカメラのSH-01A

クルクルディスプレイのN-01A











posted by balalaika at 23:38
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>Docomo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。