新着記事

2008年08月02日

標準的(?)なW64K

機能としては標準的(?)だと個人的に思っているのがW64K。突出した機能がない分、通常の使用には不満も出ないんだろうなぁなんて思います。

ワンセグ一発起動やワンタッチダイヤルに対応した「W64K」
6月4日17時35分配信 japan.internet.com

KDDI は、2008年6月3日、2008年夏モデルとして、使いやすさにこだわったワンセグケータイ「W64K」(京セラ製)を発表した。

W64K は、ワンセグに加えて、2.7インチワイド QVGA 液晶、2メガオートフォーカスカメラ、PC サイトビューアー、LISMO ビデオクリップなどの基本機能に対応。

液晶を回転して閉じるだけで、簡単にワンセグを起動できる一方、ディスプレイは傷に強い強化ガラスを採用している。

1、2、3キーの長押しでワンタッチ発信も可能。凹凸と大きなキーの「フレームレスキー」に加え、幅 49mm のスマートフォルムで長文メールを打つ際も、疲れずに利用できる。

胸ポケットやバックから取り出したとき、丁度指のかかる位置に「インフォメーションキー」を配置し、簡単・便利に時刻や新着を確認できる。

最終更新:6月6日13時9分
ソツがないと言えば、そうです。万能端末じゃないけど、基本機能は揃ってます。

ワンセグに力を入れているauらしく、強化ガラスを採用したりと、ワンセグ視聴に対する心配りもみられます。

個人的にはフレームレスキーが気になってます。小生はフレームレスキーの端末を使った事がないんですけど、店頭にあるのをいじった限りでは、打ちミスを連発してしまうんですよね。

この辺は個人の好みなのかもしれませんけど、小生の場合はどこかでキーの境目を知らせるものがないとダメみたいです。

という事で基本機能は欲しいけどハイスペック端末はいいやという人にオススメの端末かもしれません。









posted by balalaika at 23:32
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>au
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。