新着記事

2008年08月01日

アルミパネルのW62T

端末に付く指紋が気になる人がいるとかいないとか…個人的にはあまり気にしない方なんですけど、ちょっとだけ端末側で気を使ってくれると嬉しかったりします。そんなW62T。

手振れ軽減モード対応 AF カメラなど搭載のスタンダードケータイ「W62T」
6月4日17時24分配信 japan.internet.com

KDDI は、2008年6月3日、2008年夏モデルとして、手振れ軽減モード対応 AF カメラなどを搭載した「W62T」(東芝製)を発表した。

W62T は、2.8インチ WQVGA 液晶を搭載、クリアスクリーンを採用。「REGZA」で培った映像技術でワンセグ映像も楽しめる。マルチファンクションキー上部に「ワンタッチ TV キー」を配置、簡単にワンセグが起動できる。

「LISMO Video」コンテンツとしては、「バイオハザード II アポカリプス(短尺紹介映像)」がプリセットされる。

内蔵カメラは、手振れ軽減の324万画素オートフォーカスカメラ。そのほか、EZ FeliCa 、ダウンロードフォント、メールワンタッチ文字サイズ切替、ダウンロード対応の電子辞書なども搭載。A5529T で好評の語呂合わせによるメインメニューもプリセットする。

「ナカチェン」などの最新サービスにも対応する。

最終更新:6月6日13時9分
という事で、メインターゲットが30代〜40代の男性を中心に、ビジネスマンや主婦など落ち着いた年齢だそうなので、デザインはベーシックなものが採用されているように思います。

黒・金・ピンクがあるんですけど、カラーによって手触りが若干違っているそうです。小生の聞いた所では、ピンクが一番滑りにくい感触だそうです。

他には液晶背面とヒンジ部分が光るそうで、シャツの胸ポケットに入れていても着信に気付きやすいそうです。これも落ち着いた年齢がターゲットになっているからでしょうか。

ディスプレイは2.8インチでREGZAの映像技術が活かされているそうです。個人的にREGZAは万人向けの発色をしてくれると思っているので、東芝ユーザー以外にも受け入れられやすいんじゃないかと思います。

そう言えば、外部メモリとして2GBまでのmicroSDカードをサポートしているそうですけど、実際のところ、どこまで認識してくれるんでしょうか。いつも気になります。

他にちょっと面白いと思ったのは、フォントをダウンロードする事ができるという事。携帯電話のフォントって味気ないものしか用意されていないように感じるんですよね。

自分の好きなフォントをダウンロードできる、作成できるとなると、携帯電話のいじりがいも出てくると思うんですけど…その内、極太明朝体とかも出てきたりして。

まぁフォントはデータサイズも大きいみたいですし、携帯電話にホイホイと入れられるものでもないというのも分からないでもないんですけどね。










posted by balalaika at 23:30
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>au
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。