新着記事

2008年07月27日

タフネスモデル「G’zOne W62CA」

防水仕様というのは最近の携帯電話では珍しくはなくなってきたような気がします。「G’zOne W62CA」も防水仕様になってます。でも、それだけの端末じゃないところがauらしいというか何というか。

au、「Woooケータイ W62H」と「G’zOne W62CA」を19日発売
7月18日18時36分配信 Impress Watch

 KDDIおよび沖縄セルラーは、日立製作所製の「W62H」、カシオ計算機製の「G'zOne W62CA」を7月19日に発売する。

(中略)

■ G'zOne W62CA

 「G'zOne W62CA」は、IPX5/IPX7の防水性能と耐衝撃性能を備え、新たにモーションセンサーや温度センサーなども搭載した折りたたみ型CDMA 1X WIN端末。

 G'zOneシリーズのタフなイメージを継承し、GPS機能や電子コンパス、温度センサーで方位や高度、気温、潮位、日の出/日の入りなどが確認できる。待受画面には新たにウェスタンゴリラが登場する。

 メインディスプレイは約2.7インチ、240×400ドット(ワイドQVGA)の液晶で、サブディスプレイは約1.1インチの電子ペーパーディスプレイ。197万画素のオートフォーカス対応カメラを装備し、外部メモリとしてmicroSDカードに対応する。

 auの動画サービス「LISMO Video」に対応し、ワンセグやフルブラウザ、おサイフケータイなどが利用できる。

 連続待受時間はカロリーカウンターON時で約220時間、OFF時で約230時間。連続通話時間は約260分。大きさは約50×107×19.9mmで、重さは約133g。ボディカラーはスパークリンググリーン、バーンドブラック、フローズンホワイトの3色。

(後略)

最終更新:7月18日18時36分
という事で、W62CAは防水機能の他にも耐衝撃性能に加え、モーションセンサーや温度センサーなども搭載しています。

しかも健康管理(?)もできる機能もついていて、歩いた距離やら消費したカロリーやらを確認できるようになっているそうです。

GPS機能がついているからこその機能だとは思うんですけど、これらのカロリーなんかを専用サイトで管理できたりもするそうです。

小生はauユーザーではないので想像するしかないのですけど、グラフやら表のようなものにまとめられるという事でしょうか。

さて、デザインなんですけど、タフネス感あふれるデザインになっているんじゃないかと思ったりしました。凹凸があるんですけど、これは堅牢感を出すためらしいです。

チョット前までは、この手のデザインは厚いのが気になっていたんですけど、W62CAは厚さが19.9mmだそうです。ギリギリではありますけど20mmを切っているんですよね。

他に気になる点としては、連続待ち受け時間があります。カロリーカウンターON時で約220時間、OFF時で約230時間だそうですけど…ちょっと少ないような気がします。

他の端末は450時間くらいはあったような気がするんですけど、W62CAは常に電池を消費する何かが組み込まれていたりするんでしょうか。









posted by balalaika at 23:22
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>au
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/103713561

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。