新着記事

2008年07月26日

有機EL&2WAYオープンスタイルのW62H

docomoのPシリーズがWオープンスタイルで売れたから…という訳でもないのかもしれませんけど、auからも横開きもできる端末が出ました。パナソニックから出るのかなぁと思いきや、日立からです。

au、「Woooケータイ W62H」と「G’zOne W62CA」を19日発売
7月18日18時36分配信 Impress Watch

 KDDIおよび沖縄セルラーは、日立製作所製の「W62H」、カシオ計算機製の「G'zOne W62CA」を7月19日に発売する。

■ Woooケータイ W62H

 「W62H」は、携帯電話を縦にも横にも開ける「2WAYオープンスタイル」を採用したCDMA 1X WIN端末。横画面で動画サービス「LISMO Video」やゲームアプリなどが利用できる。ワンセグ機能は通常15fpsの映像を最大30fpsに補完して表示する「なめらかモード」を搭載、日立のテレビ「Wooo」で培ったカラーマネージメント機能などが用意されている。

 ディスプレイは約2.8インチ、400×240ドットの有機ELで、サブディスプレイは搭載されない。197万画素カメラを搭載し、外部メモリはmicroSDカード(最大2GB)に対応する。

 フルブラウザや「PCドキュメントビューアー」、おサイフケータイ、GPS機能、オープンアプリプレーヤーなどが利用できる。赤外線通信やBluetoothに対応する。

 日立製では初の「KCP+」プラットフォームを採用したモデルとなり、EV-DO Rev.Aや「au one ガジェット」「マルチプレイウィンドウ」などをサポートする。文字変換にはATOKを採用。

 連続待受時間は約230時間、連続通話時間は約260分。大きさは約51×106×18.2mmで、重さは約122g。ボディカラーはレーザーブルー、フラッシュシルバー、シェードブラックの3色。

(後略)

最終更新:7月18日18時36分
という訳で横開きは「2Wayオープンスタイル」と名前が変わっていたりします。

横長の画面で「LISMO Video」や3Dゲーム「EZアプリ Full Game!」が利用できるそうなので、パソコンのモニタや液晶テレビなんかで遊んでいるのと感覚的には近いものがあるのかもしれません。

他の横画面の機能としては、「au Music Tuner」があるんですけど、これで呼び出せる機能はフルブラウザやワンセグの機能だそうです。

ゲームは縦画面で起動させるという事なんですけど、起動後に画面を横開きにするんでしょうか。

他の機能としては、PCドキュメントビューアーが付いているので、ワードやエクセルの簡単な編集なら携帯電話でもできちゃいます。

個人的には、この機能はどうかなぁと思ったりしてますけど、存外便利なものなのかもしれません。

そう言えば、日立はパナソニックから横開きの使用料を借りたとか買ったという話を聞いたんですけど…これ、本当なんでしょうか。









posted by balalaika at 23:55
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>au
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/103653031
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。