新着記事

2008年06月24日

海外でも使える着せ替え端末SO706i

最近の携帯電話は海外でも使えるというのが流行の1つになっているみたいだけど、docomoのSO706iは廉価版という位置づけの70xシリーズでも海外で使う事は意識した端末になっているみたいです。

【トレンド】【NTTドコモ新モデル】海外で使える、パネルで楽しめる、スリム・コンパクトケータイ「SO706i」
5月31日10時1分配信 nikkei TRENDYnet

 NTTドコモの夏モデル、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO706i」は、約2.8インチフルワイドQVGA液晶(240×427ドット)を搭載する折りたたみ式端末。厚さ13.4mmのスリムなボディーにワンセグチューナーを内蔵するワンセグケータイだ。ワンセグアンテナを内蔵しており、microSDへの番組録画も可能。「FOMAハイスピード」(3.6Mbps)や「Music&Videoチャネル」、「おサイフケータイ」など機能も充実する。

 世界158の国・地域で利用可能(2008年5月27日時点)な「WORLD WING(3G+GSM)」に対応。渡航先での会話を支援する「TalkMan Flash」や、まちうけ文庫「地球の歩き方」「世界遺産」をプリインストールする。

 海外のリゾートや観光地をイメージした「Panel Travel」がテーマの着せ替えパネル「Style-Upパネル」(別売)を用意しており、滞在地の気分に合わせた「きせかえ」が楽しめる。「Style-Upパネル」の「クリアパネル」(別売)は、ラインストーンや付属のシールを使ったデコレーションが可能。ネイルアート感覚でオリジナルパネルとして楽しめる。

 デコメ絵文字1000件、デコメピクチャ100件、デコメテンプレート100件のほか、渡航先から現地の言葉(8カ国語対応)でお誕生日メールが送れるデコメテンプレートをプリインストールする。3灯のLEDによる220種類(11パターン×20色)の多彩なイルミネーションを搭載し、着信やメール受信、端末の開閉や時報などを光で表現するのも特徴だ。発売は2008年7月予定。

最終更新:5月31日10時1分
地球の歩き方や世界遺産が入っているあたり、日本国内のみの使用を前提としたユーザーには、あまり実用的ではないものまで入っていたりするんですよね。

SO706iはスペック的には十分に使えるものになってると思うんですけど、こうなると906iシリーズとの違いがますます分からなくなってきます。

液晶は約2.8インチフルワイドQVGA液晶(240×427ドット)なので、906iシリーズに比べると小さいですけど、それでもこれまでの端末からすれば小さいとは言えないですし。

端末自体は小さいんですけど、ワンセグチューナーを内蔵してますし、microSDへの番組録画も可能です。

毎回思うんですけど…microSDカードへのワンセグ録画って本当に必要なんでしょうか。ちょっと聞いた話ですけど、録画してまで見たい番組がないなんて人もいたりするんですよね。

まぁワンセグは1つのシンボルのようになってしまって、これがない端末は売れないようなので、機能としての要不要は関係ないのかもしれませんけど。

それから「FOMAハイスピード」(3.6Mbps)や「Music&Videoチャネル」といったものもついてます。FOMAハイスピードは個人的に一押しなんですけど。

まぁ905iシリーズで当たり前になってしまったので、その時ほどのインパクトはないかもしれませんけど、実際に色々なサイトを見る時はスピードが出てるなぁと思います。

という事で、SO706iは海外で携帯電話を使う事…はまぁ置いておいて、着せ替えパネルの端末を探している人にはいいのかもしれません。











posted by balalaika at 10:04
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯関連>Docomo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。